ケーススタディ

お客様:株式会社モルトべーネ 福井敏浩社長 担当コーチ:芳地 一也

Q:始めたキッカケはなんですか?

福井社長:そもそもうちの会議が報告会議、連絡会議になっていたんですね。意思決定が出来る会議、結果を出せる会議をしたいと考えている中で、「何かいい方法はないかな」とインターネットで調べていました。 そこでたまたま芳地さんの動画を見て、「この人分かりやすいな」と。Facebookで調べてみると、共通の知り合いがいることが分かり、その方に紹介していただきました。

Q:実施するにあたって、社員の反応はどうでしたか?

福井社長:「社長がそう言うなら」という感じで割とすんなり受け入れられました。うちはもともと色々な研修を数多く取り入れていますので、免疫があるのでしょう。

Q:実施して、どのようなインパクトがありましたか?

インタビュー写真002

福井社長:まず経営陣が仲良くなりました。加えて、それぞれが何を考えているかが分かりました。「あ、自分と同じこと考えてるんだ」「こんな違うこと考えているんだ」っていうのが分かるのは、すごくいいなと思いました。そういう意味で、チームビルディングという使い方でも非常に有効だと思います。

Q:芳地さんに質問です。こういったことを起こすのに、どんな工夫をしましたか?

芳地:普通にやっただけです(笑)。皆さん元々そんなに壁があるという感じはしなかったですし、言いたいことを言い合えるという雰囲気でした。それでも、「仲が良くなった」とおっしゃっているのは、おそらくセクショナリズム的な考え、つまり自分の守るべきところを守るという考え方から、会社全体のことを考えるようになった、というところでしょうか。特別なアプローチをしたとは思っていませんが、私が言うには最も効果的だったと言えることは、福井社長自らが社内コーチになったことだと思います。

Q:福井社長が自ら社内コーチをやろうと思ったのは、どのような考えからですか?

インタビュー写真002

福井社長:まず、自分自身がもっと理解を深めたいという思いです。あと、各事業で導入したいと考えていたので、芳地さんがやったより自分がやった方がコストがかからないという思いです(笑)。意思決定者やメンバーの招集に関しても興味がありましたから、そのような理由からです。

Q:社内コーチをやってみて、どんな気付きがありましたか?

福井社長:言語化できないデータ、つまり、なんとなくこういう雰囲気なんだなということが分かりました。各事業によって全然色が違いますし、価値観も違います。そういった細かいところを把握できたことは非常に大きかったです。あとは、普段は自分に報告をしてくる立場の部下が、意思決定者になったときの立ち居振る舞いを見られたことです。私に対する接し方と部下に対する接し方の差であったり、リーダーシップの取り方を見ることが出来ました。現場から、「うまくいっていること」や「問題や障害」といったような、普段は聞くことのできないような生の声も、社内コーチをやることによって聞くことが出来ました。

Q:各事業で目標を立てたもののうち、もっともインパクトの大きかった目標はなんですか?

インタビュー写真006

福井社長:ある1つの事業で目標を立てた時に、最初からマイルストーンがきつめだったんです。「このままじゃ達成できないよね」ということになり、今までと全く違うアプローチを実施しました。具体的には、販売店のバイヤーさんに会社まで来ていただき、そこでプレゼンをするという試みです。やはりアウェイよりホームの方がやりやすいですし、持っていけない企画の提案もできますし、会社の雰囲気も分かってもらえる。非常に効果的なやり方でした。こういったアクションは、最初にチャレンジングな目標を立てなければ起こってなかったことだと思います。

Q:チャレンジングな目標を掲げることは、福井社長と会社にとって、どのような効果がありましたか?

福井社長:高い目標を設定することにより、行動が変わって、結果的に意識が変わるということです。本当は達成できた方がいいのですが、仮に達成ができなかったとしても、行動と意識が変わるというのはメリットです。

Q:社内に起こったインパクトを3つ挙げるとしたらなんですか?

福井社長:まずチームビルディングです。次に成果思考。よくありがちな、「人が足りない」などの「できない理由」を言わなくなりました。目的を達成するために、どういう手段があるか、という発想に変わりました。他には、PDCAがちゃんと回るようになったことや、会社の中に浸透したことも大きな変化です。みんなのお気に入りは、「精霊が言うには」ですね。朝礼で言う社員もいますし、たぶん飲み屋でもやってますね(笑)。それによって、言いにくいことが言いやすいようになったりするということも、インパクトの1つです。

Q:芳地さんに質問です。福井社長とのセッションを通じてご自身はどのように成長されましたか?

インタビュー写真002

芳地:社長自ら社内コーチをやることのメリットが、かなりあるということを知りました。今まで思いもつかなかったことです。社長の本気度がインパクトを左右するということを、改めて感じました。売上100億を超える企業の経営者でありながら、新しいやり方を「とりあえず丸呑みしてやってみよう」という姿勢は、とても尊敬します。

Q:導入したらよいと思うのは、どんな企業ですか?

福井社長:まず、イノベーションを起こしたいと思っている会社です。ベンチャー企業はもちろんのこと、既存の中小企業でも、大きな成長を求めている会社にはいいと思います。求められる人間性としては、やはりまず素直であるということでしょうか。そして、やりぬく気力、体力。あと、あまり型にはまりすぎず、ある程度柔軟な考えができる人。そういうバランスのとれている人がいいですね。

Q:取り入れる大きなメリットは何ですか?

福井社長:チームビルディングをするときには非常にいい仕組だと思います。例えばM&Aをしたばかりの会社で経営幹部が新しくなったときや、新規事業の立ち上げ、そういったときには非常に有効です。だいたいの問題点は組織の中にありますから、そういったものをあぶり出すには効果的です。どんなコンサルティングをいれるよりも速く効果が出ると思いますね。

インタビューページ

Profile

芳地 一也 / Kazuya Houchi

芳地 一也

  • ブログはこちら
  • プロフィールはこちら
  • メッセージはこちら

twitter

books

クリティカル・シンキング
クリティカル・シンキング集中講座 「問題解決力」を短期間でマスター
芳地 一也(著)

ページトップへ