ケーススタディ

お客様:株式会社ブライツコンサルティング 高津 竜司社長 担当コーチ:芳地 一也

株式会社ブライツコンサルティング

Q.なぜ高津(こうづ)社長とやりたいと思われたのでしょうか。

インタビュー写真

芳地:高津さんって、すごく自信満々な方なんですよね(笑)。
志も高くて、世界一になってやるオーラがすごく出ている。でもそれだけじゃない。目指すもののためには努力を惜しまないタイプ。取り入れるものは素直に取り入れようと思う人という印象も受けました。
そんな人だからこそ今以上にビッグになっていただきたいと考え、ぜひサポートしたいと思ったんです。僕にとっても得るものが大きいという予感があった。
Q.高津社長は、やってみませんか?と言われてどう思いましたか。

高津社長:初めは当社の経営企画の人間から、「おもしろいサービスがあるから一度聞いてみませんか」と言われたんです。(聞くだけなら)いいですよという感じだった。後日、芳地さんにお会いして実際にお話を聞いていくうちに、しっかりとしたサービスを展開していると感じたんです。
ただね、難しそうでしょ?目標設定とか、問題解決とか。僕個人が受けるのはいいけど、会社のメンバーを集めて展開するのはどうかなとも思った。でも、その難しさを共有するのがわかったので不安も解消されました。

インタビュー写真

Q.芳地さんは、どんなアプローチでコーチングをされたのですか。

インタビュー記事

芳地:高津さんからは、いつも突っ走っている印象を受けていました。たまに後ろを振り返って「みんなついてきてるかな」という感じ。社員の方も、会社のサービスも、高津社長を必死で追っかけているような気がしたんですね。だから、高津社長に置いて行かれないチームづくりをお手伝いできたら、きっと最強の会社になるんじゃないかと考えてアプローチを始めました。
もちろん、会社の成長スピードをゆるめるのではなく、むしろ上げながら皆さんがついていけるような体制づくりです。

Q.実地するにあたって、社員の皆さんの反応はいかがでしたか。

高津社長:最初は、僕がメンバーのひとりひとりを呼び出して手紙を渡したんです。「オレの思いが入っているから読んでくれ」と。みんな「何が起こるの?」って、顔が強張ってました(笑)。たぶんダメ出しをされる会議なんじゃないかと思ったんでしょう。
その後、芳地さんがメンバーに対して主旨を話してくださって。すると「ああ、社長に文句言ってもいい会議なのね」ということをみんながわかった。だから怖がらず参加してくれました。

芳地:でも、セッションが始まったばかりの頃は、まだ意見が出にくい雰囲気でしたよね。
高津社長がほとんど完璧な人だからかな、皆さんも少し緊張感とか遠慮があったのかもしれない。

高津社長:でも、そのうちみんなの顔つきが変わったよね。意見もどんどん出るようになった。僕も変わっていったと思う。

Q.何が起こったのですか。

高津社長:第一に目標を共有できたことが大きかった。数値目標も全員で共有できましたから。第二には、できない理由を考えなくなったことかな。できる方法しか考えなくなった。第三は、その意見はいいことを言っているのか、そうではないのかの判断が早くなった。
つまり戦略的フォーカスに対して近い意見なのかどうかを全員で素早く判断できるようになったんですね。これは大きな収穫です。僕自身も変わりましたよ。今までは馬に乗って「おまえらついてこい」と先陣を切っていた戦国武将でしたが、反対に社員に追っかけられる感じになりましたからね。
僕が突っ走るから社員がついてくるのと、社員が追いつこうとするから僕も頑張って走るのでは、まったく状況が違いますからね。まあ、突っ走るのには変わりないですけど(笑)。

インタビュー記事

Q.芳地さんは、そんな変化を起こすために、どんな工夫をされたのですか。

芳地:会議中にブレが起こらないようにしただけです。必要なことと無駄なことをその時々で判断して、会議にブレをつくらなかった。武道やスポーツと同じで、まずは型ありきですから。その点、高津さんや社員の皆さんは、きっちり基本を守ってくださるんです。

高津社長:僕の得意技ですから(笑)。基本もできてないのに、いきなりオーバーヘッドキックでゴールは決められないでしょ。まずは胸でワントラップ、そしてシュート。これなら誰もが比較的ラクにできますからね。基本の大切さは、これまでの自分の経験からも十分に承知しているつもりです。

芳地:あたりまえのことをあたり前にやることって実は難しい。でもこの会社はそれができる。すごいことです。

Q.それはうまくいきましたか?

芳地:僕が出席していない時でも、徹底的にやってくださっているようで、それはうまくいったと言えるのではないでしょうか。

高津社長:社員の間でも自然に型が身に付いているようです。今までは上司の発言が優先される場合が多かったと思うのですが、今では部下も反論して盛り上がっていますから(笑)。何か問題があると、それを解決するためのアプローチ方法を社員が会得したので、活発でスムーズな討議ができている。

芳地:型を徹底的にやってくださっているから浸透が早い。だから結果も早く出た。

インタビュー写真

Q.結果といえば、どんな目標を立てられたのですか。

高津社長:まずは数値目標ですよね。後は、営業面、業務面など、内部統制のルールづく りです。もちろん、各プロジェクトでの数値目標もすべてクリアしましたよ。一切合切クリア。もっと高い目標を設定しておけばよかった(笑)。

芳地:プロジェクト名もユニークでしたよね。

高津社長:そうそう、それぞれの担当するプロジェクトに「○○課」という名前を付けたんです。たとえば僕は海外支社をつくる担当なので「欧米課」。あの芸人さんのギャグをいただきました(笑)。ここにいるメンバーの下岡(したおか)が担当したプロジェクトの名前もおもしろかった。ちょっと難しいプロジェクトだったから、あえて「絶対難しいとは言いませんスマイリーしたお課」(笑)。難しいと言わずに、いつも笑顔で仕事ができるようにとの願いがこもっているでしょ。

Q.では、「絶対難しいとは言いませんスマイリーしたお課」の下岡さん、前後で変化があったのですか。

下岡:私はすぐに「それは難しいです」と言うタイプでした。でも、先ほどのプロジェクト名や芳地さんのおかげで、ネガティブな意識が薄れていきました。会議では、問題を「なぜできないか」ではなく「どうすれば解決できるか」という文章に置き換えますよね。その時も、「またまた芳地さん、好き勝手なこと言って」なんて思っていたんですが、実際にやってみると、「あ、意外にできそう」と思えるようになった。
それで問題解決のためのアプローチが見えてくると、すんなり解決できちゃうんだなと。最近はけっこう自信を持って仕事ができるようになった。

インタビュー写真

Q.社内の様子も変わりましたか。

下岡:目標に向かって社員が一致団結する社風に変わりました。以前は上司からの問題提起に対して、積極的に取り組めていなかったように思う。でも自分たちが問題を解決すれば、素晴らしいゴールが待っていることを知った。真のグローバル企業として誇りを持てるというのが自分たちへのプレゼントだと思っていますが、みんなそのプレゼントを手に入れようと思ってがんばっているんじゃないかと思う。

さまざまな問題が解決されたようですね。

高津社長:先ほども言いましたが、社員の目や顔つきが変わりましたよね。ちょっと偉そうになったけど(笑)。社員のホープ達が僕の知らないところであるプロジェクトを立ち上げていて、今期中に僕から予算をいくら勝ち取るなんてこともやっていました。社員が自ら会社のためになることを考えて行動するなんて、今までそうそうなかった。だからうれしかったですね。

芳地:皆さんの自発性がより強くなったんですね。自発性については多くの経営者が悩んでいらっしゃることです。明確な目標設定をして、問題解決のアプローチを知れば、ほとんどがゴールに近づける。それを社員の皆さんが能動的にやってくれてよかった。

芳地さん自身も、皆さんとのセッションを通じて成長されたのでは。

芳地:有効性がまたひとつ証明できたことが、僕にとってプラスになりました。高津さんは、やると言ったらやる人。男気があるというのかな。有言実行なんですよね。そんな人が明確な目標を持つと社員の方も動きやすくなり、結果的にチームの結束力が高まる。理想とするカタチを目の当たりにした思いです。
高津さんの思考にも刺激を受けました。「どのようにすれば~だろうか」と疑問文をつくりますよね。これが脳にスイッチを入れるポイントになるんですが、今回僕は、「高津さんならどう疑問文をつくるだろうか」と考えることを通じて、僕自身の脳に新しいスイッチを加えさせてもらった感じです。

インタビュー写真

高津社長は、芳地さんから刺激を受けられましたか。

高津社長:今回、芳地さんに出会ってコーチングやコーチに対する認識が変わりました。僕がいつも最強のパフォーマンスを出せるようにトレーニングしてくれる人なんだってね。
そして、やりきることの大切さも教えてもらった。やりきれば成果は現れるということです。僕も今まで以上に自信が付きましたよ。その自信も、何といえばいいか、ゆるりとした自信、余裕をもって強くいられるという感じ。
もうひとつ。芳地さんを知ってから、「そうかもしれない、そうじゃないかもしれない」と常に考えるようになった。物事を考える時、二極のアイディアが出るようになった。考えの幅や選択肢が広がったという感じ。

Q.では高津社長、芳地さんに会うべきなのはどんな社長だと思いますか。

インタビュー写真

高津社長:自分を変えたいという人でしょうね。変えてくれではなく、自ら変わりたいと考える社長。あのイチローにだってコーチは必要なんですよ。劉備には孔明が必要だった。
自分を、会社を変えたいと考える人は、芳地さんのようなコーチを迎え入れるべきだと思いますね。

ページトップへ